法人本部移転のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、このたび弊社は、平成30年度に予定されている医療介護保険同時大改訂に備えるとともに、地域包括ケアシステムおよび地域共生社会の構築実現に向けた事業展開を力強く推進するため、3月30日をもって医療法人きらら会と業務提携し、利用者様への幅広いサービス提供に向けて邁進する運びとなりました。
つきましては両法人の業務連携をより一層強化するため、法人本部機能を統括運営することを目指し、弊社 法人本部を構成する管理本部・事業本部・事業連携教育本部(R&Dセンター)・戦略広報室を、6月19日をもって下記住所に移転いたしましたのでご案内申し上げます。
今後ともより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

移転先(新住所)
〒558-0041 大阪市住吉区南住吉1-3-5医療法人きらら会内
TEL 06-6692-2101 FAX 06-6692-2102


年末年始休業のご案内

平素より弊社各事業所をご利用いただき、誠にありがとうございます。
年末年始の休業日を下記の通りご案内申し上げます。
期間中ご不便をおかけすることと存じますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

平成28年12月29日(木)から
平成29年1月3日(火)まで


スタッフ活動報告

訪問看護ステーション リハステージのスタッフが、熊本地震の被災地医療支援チームに参加しました。その一人、岡田雄也 理学療法士が参加したチームの活動が、5月11日(水)の読売新聞に掲載されました。
 

以下、岡田 理学療法士のコメントです。

JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体)の一員として、4/29(金)〜5/2(月)の日程で熊本に行って参りました。私が活動した時期は、JRAT大阪隊の三次隊で、二次隊には同じく訪問看護ステーションの課長、松岡 理学療法士も活動していました。
現地では、微力ながら被災者の方へのご支援として、主に避難所を巡回し、生活不活発を防ぐための活動を行いました。
メディアで得る情報と現地で感じることには大きな差があり、まだまだ復興には時間を要し、継続的な支援が必要と感じます。
活動を通して得た経験を弊社スタッフでも共有し、今後の復興活動や大規模災害が起きたときにどうのように行動すれば良いのか、考えていきたいと思います。

訪問看護ステーション リハステージ
主任 理学療法士 岡田 雄也
 

| 1/18PAGES | >>